ご挨拶

新緑の候、皆様におかれましては、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
日頃は格別のご支援並びにお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。
大観光交流年の真っ直中、GWを迎え多くの皆様から新潟県に訪れていただく機会を迎え、心から嬉しく思います。

世界を席巻している経済不況は、我が国の様々な問題をあぶり出すこととなりました。輸出に依存する経済構造、雇用問題、農林漁業など1次産業の脆弱さ、中央集権・官僚主導の国家体制など、改革を先送りにしてきた分野に少なからず歪みを生じさせています。
それは、今まで我が国を動かしてきた政治の構造や手法の変革が待ったなしであることをも示しているのです。
今、私たちは勇気を持って前に進まなければなりません。

近く大きな国政選挙が行われることが確実です。私たちは、子供たち、そしてそのまた次の世代に責任を持ってどのような地域や国家を残したいのか、上辺だけでない本当に信頼でき長期的ビジョンのある政党や政治家は誰であるのか、皆様とともに真剣に議論し考えていかなければならないと思います。

新潟県は夏から秋にかけ、一層素晴らしい時期を迎えます。
国体をはじめとする大きなイベントは、私たちの地域に対する誇りや愛着を、訪れるお客様に歓迎の気持ちで還元できる時ですし、そのことにより、私たち自身が元気になれるのだと思います。こうした厳しい時だからこそ、将来を見据え、手をとりあって行動するべきです。

最後になりますが、皆様方のご多幸とご健勝ならびに私自身、議員任期の折り返しを迎え、より一層県政改革と皆様方の安全安心の地域創りのために尽力することをお誓い申し上げます。今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。

平成 21 年 5 月

小林一大

HOMEへ戻る