ご挨拶

初秋の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬご支援ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
皆様から秋葉区の代表として県議会に送って頂き、2年が経ちました。無我夢中で過ごした日々でしたが、議員として精一杯努めさせて頂くことができておりますのも、皆様方の温かいご指導の賜物と心から感謝申し上げます。

この度、先日の定例会で、総務文教委員会の副委員長という大役を仰せつかることとなりました。財政運営、行政経営システム改革、県政の基本方針の策定、国際化・情報化の推進、スポーツの振興、教育の充実などを審査、調査する常任委員会の副委員長として、今後とも地域のため、わが県のために何がベストであるのか、何を守り、何を改革すべきなのか、しっかりと議論させて頂くつもりです。

いよいよ今月末からトキめき新潟国体、トキめき新潟大会が開催されます。
大勢の選手、関係者の皆様に新潟の素晴らしさを実感頂くとともに、この地域に住む私たちが故郷に対する誇りや愛着をさらに熟成する機会となるよう、一緒に盛り上げていけたらと思います。

いかなる政治体制や権力構造が訪れようとも、県議会の役目は皆様の負託に応え、皆様の幸せのために努力することであろうと思います。初心を忘れることなく、改めて、その先にある幸せを求め、今後とも、誠心誠意、一途に県政の進展を想い、県民の皆様とともに喜びあえるよう努力していく所存ですので、ご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

平成 21 年9 月

小林一大

HOMEへ戻る