ご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます。素晴らしい良き年をお迎えのことと思います。
旧年中は、様々な場面で心からのご支援並びにご協力をいただきまして、改めて御礼申し上げます。

昨年は政治経済においても、そして様々な社会制度においても既存の価値観が音を立てて崩れ、一方で、新しいものを模索するという激動の一年でした。

新潟県にとっても、地方経済の疲弊、農業の停滞、教育や地域社会の崩壊など危機が叫ばれて久しいものの、大観光交流年やトキめき新潟国体・新潟大会の大成功、県立大学や県立野球場などの新設など将来の更なる飛躍を予感させるような記念すべき年でありました。そこで学んだ貴重な経験や体験、多くの方と交流し培った人脈、様々なイベントに込めた夢を膨らませることで、皆が希望と誇りを胸に抱きながら暮らせるよう、私たち一人ひとりが自ら考え行動していかなければならないと思います。

一方で抱える問題も山積みです。新幹線や空港、港湾など交通政策の問題、農林水産業の再建、少子高齢化対策、不況下における産業・雇用政策、安心できる医療・介護体制の整備、一層の行財政改革など、皆様からもご意見をたくさん頂戴し、解決策を見つけていきたいと思います。ご指導宜しくお願い申し上げます。

最後になりますが、皆様の今年1年のご多幸とご健勝を心から祈念し、また私自身今年もチャレンジと改革への強い闘志を燃やし続け「安心、安全で暮らしやすい新潟」の実現に向け全身全霊を傾け取り組むことをお誓い申し上げます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

平成 22 年1 月

小林一大

HOMEへ戻る