ご挨拶

歳末ご多忙の折、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
2010年も残り数日となりましたが、本年も様々な場面で皆様方から心からのご支援並びにご協力を頂きまして改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

政治や経済において今年は、昨年夏の変革への夢や希望が音を立てて瓦解し落胆と閉塞感が生まれ、更には大陸からの風に翻弄された一年でした。
一方新潟県は、中心市街地など地方経済の疲弊、猛暑や新制度の影響による農業の混迷、北陸新幹線とそれに伴う2014年問題や並行在来線問題、北東アジアの玄関口としての地方空港活性化、港湾整備、既に県人口237万人余りとなった少子化対策、孤独死や介護医療などを始めとする高齢者対策、先の見えない不況下の産業・雇用政策など、まだまだ解決へ道半ばな問題も多くあります。

何としても来年は、そうした問題に道筋をつけることができるよう、そして、県民の皆様が希望と誇りを胸に抱きながら、自らの力を信じて頑張れるよう、私も一緒になって地域創りに邁進する次第です。

最後になりますが、皆様の来年1年の更なるご多幸と御健勝を心からご祈念し、私も来年、今年以上にチャレンジと改革への強い闘志を燃やし続け「安心、安全で暮らしやすい新潟」の実現に向け全身全霊を傾け取り組むことをお誓い申し上げます。
来年もご指導とご協力何卒宜しくお願い申し上げます。

小林一大

HOMEへ戻る