ご挨拶

早春の候、皆様におかれましては、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
日頃は格別のご支援並びにお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

2月21日(月)から始まり昨日閉会した2月の定例会では、平成23年度の新潟県予算について、安心と安全で誇りと絆のある新潟県の創造のためにしっかり審議をさせて頂きました。

また私自身も12月定例会に引き続き一般質問をさせて頂き、議会での積極的な活動や多様で奥深い知識や倫理的裏付けのある行政への提言が政治家の最も重要な仕事だと再認識しています。

国の政策の激変が、地域の皆様に与える影響を可能な限り減らし、地方独自の景気刺激策、雇用対策を最優先に、またTPP議論や消費税をはじめとする税制の抜本的見直しを進める国の政策への提言など多方面にわたる知識と経験をフル活用し、真剣に県民利益のことを考えている議会へ姿をもっとご理解頂くために、私たちは政策の遂行と同様発信する努力をしていくことが必要だと肝に銘じ、活動しています。

4年前に当選させて頂いて以来、皆様方のご支援ご協力を賜り、任期の最後まで務めさせて頂きました。
今後とも、皆様のご意見を賜りながら、あらゆるものを吸収し、多くの同士や仲間の皆様と手を携えて、更には、真剣にこの地域の将来を思う人々がまっとうに活動できる社会の構築を目指し、新潟市、新潟県そして我が国の発展、繁栄のために粉骨砕身努力をさせて頂くことを、改めてお誓いし、県政報告書のご挨拶とさせていただきます。
何卒ご指導宜しくお願い申し上げます。

平成 23 年 3 月

小林一大

HOMEへ戻る