ご挨拶

盛夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は小林一大に対してひとかたならぬご指導を賜り、厚く御礼申し上げます。

 社会や経済の進展のスピードについていけない、いわゆる「決められない政治」への不信と、多くの国民の声と逆行しながら「決めてしまう政治」への落胆は、新しく立ち上がる各地の息吹への過大な期待として表れ、政治の混とんは極まっている感があります。今まさに必要なのは、地に足のついた信頼預ける政治だと改めて肝に銘じております。

 先日新年度初めての県議会も終了し、震災復興に伴うがれき処理問題や原発事故後の様々な対応、新エネルギー対策、震災前からの懸念である景気や雇用、農業問題、将来のわが県を担う子どもたちへ教育や少子化対策など様々な議論がなされてきました。しっかりとした政策議論を通じ、より一層住みやすく安心で安全な新潟県の確立に向けて精いっぱい活動させて頂いております。

 今後とも皆様のご指導を頂きながら、地道に誠心誠意活動をしてまいる所存でありますので、変わらぬご指導宜しくお願い申し上げます。

平成 24 年 8 月

小林一大

HOMEへ戻る