プロフィール

ごあいさつ

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご支援とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
 昨年、新潟県は激動の一年でした。思いもよらない理由により前知事が辞任、6月に県知事選挙が行われ花角知事が誕生、ようやく新潟県政も再始動を始めました。その後県政は躍動し、今年に向けて大きな第一歩を進めることができたと思います。いよいよ今年は新潟県と秋葉区、このふるさとが飛躍的に発展すべき年にしなければなりません。
 確かに新潟の抱える問題は山積しています。少子高齢化に伴う人口減少対応、県民全てが生き生きと暮らせるための医療・福祉の充実、未だ道半ばの新潟県の拠点性向上、県民の命と暮らしを守る防災・減災対策、挑戦する人や企業が生まれ集まる産業政策、付加価値の高い農林水産業の実現、将来の夢や希望を育むことのできる教育環境の整備など一つ一つしっかりと課題解決に向けて尽力して参ります。
 この12月議会では、私たち自民党会派で3つの条例(「新潟県活力ある長寿社会の実現の推進に関する条例」「新潟県がん対策推進条例の一部を改正する条例」「新潟県木材供給及び利用の推進に関する条例」)を議員提案で提出、可決いただきました。私もこのうち最初の二つの条例について委員会で答弁者として関与させていただきました。今後2月議会にも新たにスポーツ振興に関する条例の提案に向けて準備をしています。議員として政策立案についても積極的に努めて参ります。
 今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

平成 31 年 1 月

新潟県議会議員 小林一大

エピソード

小林一大(こばやしかずひろ) O型 45歳
新潟市秋葉区在住
身長180センチ、体重67キロ

家族:妻(44歳)と双子の男の子(15歳)、女の子(10歳と6歳)

   父 一三(82歳)、母 富佐子(70歳)
趣味: 読書、映画、旅行、ランニング、キャンプ
尊敬する人物: 空海
好きな言葉: 不動心、 Where there is a will, there is a way

昭和48年 6月12日生まれ。新潟大学附属新潟小学校、同中学校卒業
平成4年 県立新潟高校卒業
中学校・高校共に陸上部一筋!(短距離)
平成9年 東京大学経済学部経済学科卒業
海外(ネパール、インド、チベット、ヨーロッパ、アメリカ)を転々と旅行をする
東京海上火災保険株式会社(現東京海上日動)入社
札幌(営業)、東京(人事)にて勤務
平成14年 妻由実と結婚
平成17年 同社を退職し、家業を継ぐ
現在 真言宗智山派普談寺 副住職
平成19年 4月 新潟県議会議員初当選
初出馬・最年少ながら17,814票ものご支持をいただき、トップ当選させていただきました
平成23年

自由民主党新潟県議会議員
朝日観音普談寺 副住職
秋葉区朝日在住
4月新潟県議会議員2期目連続トップ当選

平成27年

3期目無投票当選

所属委員会及び党役職、所属議連

厚生環境委員会
総合交通・防災対策特別委員会
自由民主党新潟県連財務委員長、前青年局長
自由民主党新潟県連ネットメディア戦略対策チーム座長
日本海資源開発促進議員連盟事務局長
園芸振興議員連盟幹事長
地域の介護と高齢者福祉を考える自民党県議会議員の会事務局長
スポーツ振興議員連盟幹事
観光産業振興議員連盟
農政研究議員連盟
土地改良議員連盟
文化振興議員連盟
障害福祉議員連盟
保育事業振興議員連盟
接骨士会事業促進議員連盟
防衛問題議員連盟
森林林業振興議員連盟
  など

そのほかの所属

新津中央ロータリークラブ
新潟市陸上競技協会顧問
秋葉区陸上競技協会顧問
日本棋院秋葉支部支部長
新潟県少林寺拳法連盟顧問
新津商工会議所顧問
新津カントリークラブ理事
新潟市ユネスコ協会理事
フレンドシップフォース新潟理事
新潟アルビレックスランニングクラブ顧問
新津区測量設計協同組合顧問
自由民主党新津支部支部長
  ほか